まずは患者様の口腔内環境をよく知ることから始めます。

ホームページから簡単予約できます

Preventive dental care

大人のむし歯予防

初診時の流れのご説明

小栗歯科ではメディカルトリートメントモデルに沿って診療をおこなっていきます。
MTM(メディカルトリートメントモデル)とは、初期のリスク評価から、個々の患者様に合わせた予防プログラムの立案、最小侵襲治療などを行い、定期的なメインテナンスに至るまでの流れです。
まずはMTMを始める際の初診時の流れをご説明いたします。

» MTMの全体的な流れはこちらをご確認ください。

治療の流れ

初診

治療で初めてご来院の方も、検診で初めてご来院の方もまず受付に申し出てください。

初日の診療では多少お時間をいただきますので、あらかじめご予約の上でご来院ください。

初診時に行う内容
1.問診票のご記入

来院後、まずは問診票の記入をしていただきます。

2.オーラルケアコーディネーターとのカウンセリング

カウンセリングルームで患者様のお話をじっくりとお伺いいたします。

3.診療室で問診

ご記入いただいた問診票を確認しながら、さらに詳しく問診を行います。

4.エックス線写真撮影

さらに的確な診断を行うためにX線写真(レントゲン)を撮影します。

5.口腔内写真撮影

診療前の口内の状況を視覚的に確認できるように口腔内写真を撮影します。

6.歯周精密検査

患者さん現在の状態、歯周病のリスクを把握するために、検査を行います。

7.応急処置

個の段階で、治療が必要な歯があった場合には応急処置を行います。

8.パンフレット配布

その日に実施した診療の結果をいつでも確認できるようにデータとして入力します。初めて来院いただいた日にわかった情報をもとに、ひとりひとりの患者様にあった予防プログラムを立案します。

ページトップに戻る