徹底したケアをすることで、生涯むし歯になりにくい歯質を育てます。

ホームページから簡単予約できます

Pedodontics

小児歯科

子供の歯を守るために

子供の歯科治療は、決してその時のものでは無く、より良い成人、老後を迎えるその時の為に、何をするかを考えなくてはなりません。
子供の歯を守ることは大人(ご両親、歯科医院)の役目です。
小栗歯科では、むし歯を単に詰めるのではなく、定期的なクリーニングやフッ素塗布を行い、ご家庭では正しい食生活(おやつなどを含め)と適切な歯磨きをして頂く為の指導もさせて頂きます。

歯医者とご家族の共通・共有認識によって乳歯から永久歯へのむし歯の無い子供を育てます。
例えば、6歳で1本のむし歯が出来るのと、60歳で1本のむし歯が出来るのでは意味が異なります。
当然、歯が生えてからの年数を考えた場合、子供のむし歯はリスクが高いと言えます。

むし歯が出来たから歯医者に行くのではなく、むし歯が出来る前にリスク検査をお勧め致します。

≫ 子供の予防歯科はこちら

こどもの口は健康への入口

お子様の将来の健康を作る第一歩

こどもの頃の生活習慣は、そのあとの生涯にそのまま引き継がれます。
食事のスタイル、お口の中の環境、といった歯科に関連する要素も同じです。 こどもの頃に、むし歯になりにくい環境をつくることができれば、一生むし歯にならずに済むといっても言い過ぎではないのです。

乳歯が生えてきてから1〜2年が勝負です

お子様の歯が生えてから1〜2年間のケアをかかさないことが大事です。 この幼少期に、徹底したケアをすることで、生涯むし歯になりにくい歯質・生活習慣ができます。
これは、乳歯も永久歯も同じです。生涯にわたる口腔環境を守るために、この時期に何をすべきか正しい知識を得ることが重要です。
お子様の健康な口腔環境は、ご両親と我々小栗歯科が協力してつくっていくものです。
ご不明な点、ご質問等がありましたら、お気軽に来院していただいて、お話をお聞かせください。

キッズルームも完備でお子様も安心

治療前も治療後もリラックス

小栗歯科ではお子様が安心して頂く為に、キッズルームを完備しております。
診療前の不安な状態や、治療後にリラックス頂く為にご活用ください。
床面・壁面にカーペットを施し、活発なお子様にもご安心のスペースとなっております。
また、むし歯や歯医者について楽しく学んで頂く絵本なども設置してありますので、健康について親子で楽しくお学びいただけます。

また、治療中のお母様がご安心頂ける様、キッズルームには確認のカメラが供えており、治療中でも診療室のモニターからキッズルームの様子が確認出来ますので、お子様連れのお母様も安心です。

≫ 医院設備紹介はこちら

ページトップに戻る