歯は大切な財産です。むし歯は自然のままでは元には戻りません。

ホームページから簡単予約できます

Dental cure

一般歯科

むし歯はどうしてできるの?

歯の病気の中で一番多いのがむし歯。日本人の約90%以上がむし歯にかかっています。むし歯は誰でもかかっているために軽くみられがちですが、再石灰化が不可能なレベルに達したむし歯は自然のままでは元には戻りません。
治療を受け、それ以上進行しないようにするしか、歯を守る方法はありません。
むし歯ができる原因を知り、予防を心がけることが大切です。
あなたの少しの努力でいつまでも健康な歯を守ることができます。

むし歯をつくる4条件

むし歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク:食べ物のカス)に、むし歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけます。これがむし歯のはじまりです。

むし歯の4条件

  • むし歯になりやすい質の歯
  • 歯垢をつくりやすい糖分
  • むし歯菌
  • 時間の経過

むし歯は予防が第一

むし歯の原因はわかっていますから、この4条件をクリアすることがそのまま予防につながります。歯垢は毎日の正しいブラッシングで取り除きます。
あとはあなたが、毎日の生活の中でこれら4つのリスクを減らす努力をしていけば、むし歯の引き金が絶たれ、良い結果に結びつくでしょう。

» 予防が中心の歯科治療についてはこちら

むし歯の進み方

ごく初期のむし歯は「再石灰化」で治す

むし歯の進行状態は4段階に分類されています。みなさんも学校や歯医者さんでC1、C3という言葉を聞いたことがあると思います。これは、むし歯の進行を表す記号です。 しかし最近ではCO(Caries Obsarvation=経過観察)といって、ごく初期のむし歯は、削らずに観察しながら再石灰化を促す治療が行われています。

C0

表面が浅く溶けた、ごく初期の状態。表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりしますが、見た目はほとんどわかりません。削らずに再石灰化を促して、観察をします。

C1

エナメル質がおかされ、小さな黒ずんだ穴があきます。自覚症状はなく、専門家の目で発見されます。この段階で適切な処置を受けるのが一番良いのです。

C2

象牙質までむし歯は進行。歯髄に近づくにつれて冷たい物がしみ、痛みの自覚症状が出てきます。さらに進むと熱いものがしみるようになります。

C3

歯髄(神経)まで進行。炎症(歯髄炎)がおき、激しい痛みにおそわれます。炎症が進行すると、歯髄は死んでしまいます。

C4

虫歯が歯根まで達してしまった状態で、虫歯としては最終段階にあたります。化膿を引き起こして膿が溜まることが多く、抜歯する必要が出てきます。

あなたはむし歯になりやすい?

カリエスリスクを判定しましょう!

むし歯の発症と進行についての研究が進み、むし歯にかかる危険度(カリエスリスク)には個人差があることが判りました。むし歯の条件それぞれに対してどれだけ危険かをチェックし、リスクを判定することで、一人一人に適した予防プログラムを立てることができます。

カリエスリスクの内容は?

右の図は、カリエスリスクのレーダーチャートとその記入例です。
むし歯を発症させる条件やむし歯を防ぐ抵抗力など、唾液検査によってお口の中の状態を調べます。また、食事回数や食習慣、予防のためのフッ素利用などは簡単なアンケートでチェックします。リスクの判定は、これらのアンケート結果と唾液検査の結果を総合して行います。

» 日本ヘルスケア歯科研究会 ホームページはこちら

食事とお口の中の酸性度

お口の中は食事によって急激に酸性化し、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出します。
食事後30〜40分経過すると、唾液の力によって酸が中和され、唾液中のカルシウムやリンが歯の表面に戻ります。
食事を度々すれば、お口の中は酸性になっている時間が長くなり、むし歯が発症しやすくなります。

※(臨界pH:歯質からカルシウムやリン酸が溶けだすpHのレベル)

歯周病治療について

日本人の成人約80%が発症!

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状のことなのですが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。

歯周病の症状チェック

歯周病が怖いところは初期の段階ではほとんど自覚症状がないことが上げられます。 以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多く、歯周病に限らずどのような病気でも症状が進行すればするほど治療が困難なものになります。 長期間の治療が必要になり、歯周病の場合は最悪、抜歯しなければならないこともあります。 歯周病だと自覚して歯医者に行かれる方は少なく、虫歯や口の中の異常を感じて歯医者に行ったところ歯周病と診断される方が多いですので、以下の中で1つでも当てはまる症状がある方は早めに小栗歯科までご相談ください。

  • 1:歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する
  • 2:口臭がするようになった
  • 3:口の中がネバネバする
  • 4:歯茎(歯肉)が腫れている
  • 5:歯茎(歯肉)が赤、紫色になった
  • 6:歯茎などから膿(うみ)が出る
  • 7:硬いものを噛むと痛い
  • 8:歯がグラグラする
  • 9:歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
  • 10:歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
  • 11:歯茎(歯肉)がムズ痒い
  • 12:糖尿病にかかっている

一口に歯周病といってもさまざまな症状があり、歯周病の方の多くが1つだけではなく複数の症状を抱えている事が多いので、上記の中で複数の症状が出ている方はもちろん、1つだけでも思い当たる症状がある場合はかなりの確立で歯周病の可能性が高いので、お早めに小栗歯科までご相談ください。

ページトップに戻る